製品検索

製品カテゴリー

富士通 SPARC M10 専用グラフィックスカード (SP0X7GR1F)


販売価格 (税抜)


商品説明

富士通 SPARC M10 専用のグラフィックスカードです。コンソール画面を、ディスプレイに出力ができるようになります。
UNIX サーバは PC サーバと違い通常では映像出力機能を持っておらず、コンソール接続での作業が一般的です。
「コンソールでの作業はハードルが高い、やはり本体から画面出力して使用したい」と考える方にお勧めします。

【注意点】
・ドライバのインストール作業に、コンソール接続が必要となります。
・2D のみです。3D 機能は持っていません。CAD 等にはご利用いただけません。
・デジタル接続時の解像度は 1280x1024 です。

【スペック】
接続方法 :
 PCI Express
最大解像度 :
 アナログ接続時(DSub 15pin):1920x1200(76Hz)
 デジタル接続時(DVI-I):1280x1024(60Hz)
フレームバッファメモリ :
 32MB
最大表示色 :
 24bit
コネクタ形状 :
 アクセラレータ : LFH60 コネクタ
 分岐ケーブル : LFH60 - DVI-I ×2
搭載対象装置 :
 SPARC M10-1/M10-4/M10-4S
接続I/O :
 17インチラック・コンソール(RC25)
対象OS :
 Oracle Solaris 10 1/13


※長期サポート専用型名はお問い合わせ下さい。


保守・修理のお問い合わせはお気軽に。当店以外でお求めの商品でも、弊社が責任を持って保守の延長を提供させていただきます。

EOL/EOSL(メーカー保守・サポート期限満了)商品のことなら Unix Com World にお任せください。レンタルでのご提供も可能です。

CRU (Customer Replaceable Unit, お客様による交換が可能な部品)、FRU (Field Replacement Unit, 現場で技術員が交換可能な部品) のご提供も可能です。ご相談ください。