製品検索

製品カテゴリー

< 前のページはありません
次のページ : サービス内容について(障害発生時のフロー) >



■ EOL/EOSL 保守について
■ サービス内容について(障害発生時のフロー)
■ 保守のご利用について(お申し込み方法等)
■ KSG 第三者保守サービスについての Q&A



こんなケースでお困りではありませんか?

  • メーカーサポート終了後の機器を使用している
  • メーカー保守体系変更に伴い、保守未加入になってしまった
  • メーカーのスポット保守が利用できなくなってしまった
  • 部品・機器の調達が難しいEOSL製品を利用している
  • 不安定な挙動の製品を仕方なく使っている状況が続いている

Unix Com WorldのEOSL保守の特徴

今お使いのシステムのご利用状況やスペックに応じた自由度の高い保守サービスを提供しています。

Unix Com Worldでは、メーカーサポート(保証/保守)が終了してしまい、サポート(保証/保守)がない状況で使い続けている企業様向けに、第三者保守サービスを提供しています。当社独自の試験をクリアした中古 IT 機器を使い、お客様の機器を完全にサポート致します。また、当社でご購入されていない機器でもお請け致しております。
専任スタッフが迅速に対応致しますので、ご利用中のシステムを継続してお使いいただくことが可能です。

  • メーカーサポート終了機器でもご加入可能
  • 保守部材としてお客様機器と同構成のセカンダリIT機器をご契約時にご用意
  • 他社で購入された機器でも保守サービスにご加入可能
  • 障害発生時の迅速な対応をお約束
  • 国内外のネットワークからあらゆるパーツを調達可能
  • ISO基準の高品質な管理体制

UNIX に限らず、幅広い機器の保守をご提供可能です

 システム構築にかかる費用のうち、多くを占めるのはソフトウェアです。
 メーカーのハードウェアの保守提供を終了し、新システムへの移行を求められても、それには高額なソフトウェアの開発・改修費用がかかります。

 KSG ならば、メーカーが保守の提供を終了したハードウェアに対しても独自の保守を提供する事が可能です。
 たとえば 5 年で保守の提供が打ち切られても、KSG の保守でサーバを延命する事により、7 年 8 年と同じサーバを使い続ける事ができます。

「システムのソフトウェアはまだ使えるのに、メーカーが保守の提供を終了したので、
新システムへの移行を迫られている……」

 こんな時は当店にご相談下さい。




全国 102 のサービス拠点で迅速な対応を実現

保守メニューについて

メーカー保守の提供が終了した EOL/EOSL 機器(サーバ・ワークステーション・ストレージ・ネットワーク関連機器等)に対して、2つのサービスを用意しています。

EOSL/EOLセンドバック保守<修理部品の配送>

EOSL/EOLオンサイト保守<エンジニアによる訪問修理>

※EOLとはEnd of Life の略で、メーカーによる出荷が終了した製品を指します。
※EoslとはEnd of Service Life の略で、メーカーによるサービス・サポートが終了した製品を指します。

保守サービスの詳細

各メーカーのEOSL/EOL機器に対して保守サービスを提供しています。

エンドユーザ様向け保守サービスメニュー

平日9:00-17:00受付 センドバック保守
受付時間 平日9:00-17:00 エンドユーザ様向け平日9:00-17:00受付 センドバック保守イメージ
対応方法 現地オンサイト
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 弊社作業員が回収
対応地域 東京都及び隣接県
(その他地区は別途ご相談)
24h365日受付 オンサイト保守
受付時間 24h365日 エンドユーザ様向け24h365日受付 オンサイト保守イメージ
対応方法 現地オンサイト
対応時間 24h365日
障害機器返却方法 弊社作業員が回収
対応地域 東京都及び隣接県
(その他地区は別途ご相談)
平日9:00-17:00受付 先出しセンドバック保守
受付時間 平日9:00-17:00 エンドユーザ様向け平日9:00-17:00受付 先出しセンドバック保守イメージ
対応方法 エンドユーザ様からの依頼後、代替機器を先出し発送
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 障害機器返却方法 商品到着後2週間以内に弊社へ発送
対応地域 全国
平日9:00-17:00受付 センドバック保守
受付時間 平日9:00-17:00 エンドユーザ様向け平日9:00-17:00受付 センドバック保守イメージ
対応方法 エンドユーザ様からの故障機器到着後、代替機器を発送
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法
対応地域 全国
平日9:00-17:00受付 スポット保守
受付時間 平日9:00-17:00
※事前のご相談は必要ございません
エンドユーザ様向け平日9:00-17:00受付 スポット保守イメージ
対応方法 エンドユーザ様からの依頼後、オンサイト又はセンドバック いずれかのスポット保守を実施
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 別途ご相談
対応地域 別途ご相談

SIer様向け保守サービスメニュー

平日9:00-17:00受付 オンサイト保守
受付時間 平日9:00-17:00 SIer様向け平日9:00-17:00受付 オンサイト保守イメージ
対応方法 現地オンサイト
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 弊社作業員が回収
対応地域 東京都及び隣接県
(その他地区は別途ご相談)
24h365日受付 オンサイト保守
受付時間 24h365日 SIer様向け24h365日受付 オンサイト保守イメージ
対応方法 現地オンサイト
対応時間 24h365日
障害機器返却方法 弊社作業員が回収
対応地域 東京都及び隣接県
(その他地区は別途ご相談)
平日9:00-17:00受付先出しセンドバック保守(SIer様向け)
受付時間 平日9:00-17:00 SIer様向け平日9:00-17:00受付先出しセンドバック保守(SIer様向け)イメージ
対応方法 SIer様からの依頼後、代替機器を先出し発送
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 商品到着後2週間以内に弊社へ発送
対応地域 全国
平日9:00-17:00受付先出しセンドバック保守(代理店様向け)
受付時間 平日9:00-17:00 SIer様向け平日9:00-17:00受付先出しセンドバック保守(代理店様向け)イメージ
対応方法 代理店様からの依頼後、機器を代理店様へ先出し発送
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 商品到着後2週間以内に弊社へ発送
対応地域 全国
平日9:00-17:00受付 センドバック保守
受付時間 平日9:00-17:00 SIer様向け平日9:00-17:00受付 センドバック保守イメージ
対応方法 SIer様からの故障機器到着後、代替機器を発送
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法
対応地域 全国
平日9:00-17:00受付 スポット保守
受付時間 平日9:00-17:00
※事前のご相談は必要ございません
SIer様向け平日9:00-17:00受付 スポット保守イメージ
対応方法 SIer様からの依頼後、オンサイト又はセンドバック いずれかのスポット保守を実施
対応時間 翌営業日9:00-17:00
障害機器返却方法 別途ご相談
対応地域 別途ご相談

保守対象機種の一例 (UNIX)

下記機種は保守対象の一例です。
※こちらに記載されていない機種に関しても、保守サービスを提供しております。

Oracle(旧Sun)

Server :
 Sun Fire V100 / V120 / V125 / V210 / V215 / V240 / V245 / V250 / 280R / V440 / V445 / V480 / V490 / V880 / V890 / T1000 / T2000
 NETRA シリーズ
 NETRA SPRAC シリーズ (NETRA SPARC T3, T4)
 Sun Enterprise 220R / 420R
 SPARC Enterprise シリーズ (M3000, M4000, M5000, M8000, M9000)
 SPARC T シリーズ (T3/T4, T1000, T2000, T5120, T5140, T5220, T5240, T5440)
 SPARC M10 シリーズ
Workstation :
 Sun Blade 100 / 150 / 1000 / 1500 / 2000 / 2500
 Ultra 5 / 10 / 20 / 25 / 30 / 40 / 45 / 60 / 80
Storage :
 Sun StorEdge 3120 / 3310 / 3320 / 3510 / 3511
 L9, L20

富士通

 PRIMEPOWER シリーズ (1, 100, 200, 250, 400, 450 他)
 SPARC Enterprise シリーズ (M3000, M4000, M5000, M8000, M9000)
 SPARC T シリーズ (T3/T4, T1000, T2000, T5120, T5140, T5220, T5240, T5440)
 SPARC M10 シリーズ

HP

HP PA-RISC Server :
 HP 9000 rp3410 / rp3440 / rp4410 / rp4440 / rp5400 / rp7400
HP Itanium Server :
 Integrity rx1600 / rx1620 / rx2600 / rx2620 / rx2660 / rx2800 i2 / rx4640 / rx7620 / rx7640
HP PA-RISC Workstation :
 Visualize c8000 / B1000 / B2000 / b2600 / c3000 / c3600 / c3650 / c3700 / c3750 / j6700 / j6750
HP Itanium Workstation :
 zx2000 / zx6000

IBM

Server :
 System p5 505 / p5 510 / p5 520 / 640-B80 / 630-6E4 / 630-6C4 / 620-6F1 / 620-6F0 / 615-6C3 / 610-6E1 / 610-6C1
Workstation :
 Power 185 / 265 / 275 / 285
 RS/6000 44P-270, RS/6000 44P-170

保守対象機種の一例 (IA)

HP

HP ProLiant シリーズ

IBM

IBM System x, eServer シリーズ

富士通

FUJITSU PRIMERGY シリーズ

DELL

DELL PowerEdge シリーズ

EOSL予定機器

※ EOSL 予定日は、メーカーによって延期される場合もございます。

サーバ

富士通

2016/7 : Enterprise M3000 (※1)
2016/7 : Enterprise M5000 (※1)
※1 : 型番によって EOSL 日が違いますのでお問い合わせください。

ネットワーク

Cisco

2016/10/31 : Cisco 1841
2016/10/31 : Cisco 2811
2016/10/31 : Cisco 2851
2016/10/31 : Cisco 3825
2016/10/31 : Cisco 3845

F5

2016/7/31 : BIG-IP 1500
2016/7/31 : BIG-IP 3400
2016/7/31 : BIG-IP 3410
2016/7/31 : BIG-IP 4500 Web Accelerator

ストレージ

富士通

2016/9/30 : ETERNUS DX80 全シリーズ
2016/9/30 : ETERNUS DX90 全シリーズ
2016/9/30 : ETERNUS NR1000 F2020 全シリーズ
2016/9/30 : ETERNUS NR1000 F2040 全シリーズ

EMC

2016/12/31 : CX4 全シリーズ

お問い合わせはこちら

KSG 保守サービスへのお問い合わせはこちらから。





< 前のページはありません
次のページ : サービス内容について(障害発生時のフロー) >