2012年8月 のアーカイブ

【新人 M のUNIX 奮闘記】 第5回「環境設定情報採取ツールで Solaris 11の環境情報を取得」

2012年8月24日 金曜日


第5回目は「環境設定情報採取ツールで Solaris 11の環境情報を取得」です。 環境設定情報採取ツールは、富士通株式会社が提供しているものです。

富士通株式会社のパートナーサイトから「GETENV.tar.Z」というファイルをWindows上でダウンロードしました。tar.Z という見慣れない拡張子だったので調べてみると、UNIX上で使用される書庫形式の一つとのことでした。
(さらに…)

【新人 M のUNIX 奮闘記】 第4回 「UNIXサーバ SPARC Enterprise T5120 (富士通) に Solaris 11 をインストールする

2012年8月17日 金曜日

第4回目は「UNIXサーバ SPARC Enterprise T5120 (富士通) に Solaris 11 をインストールする」 です。第1回目第2回目でSolaris 10 のインストールを行いましたが、今回は、Solaris 11 をインストールします。

サーバT5120 は第2回目で既にSolaris 10がインストールされていますので、サーバを起動すると、OS起動され、デスクトップが表示されます。


デスクトップからどのようにCDドライブにアクセスするのかが分かりませんでした。windowsでしたら、cdのアイコンをクリックすれば、もしくは中のsetupなどの実行ファイルを起動すれば開始されますが、
unixではそうはいきませんでした。cdのアイコンをクリックすると下位のディレクトリに入ってしまいますし、ファイルを検索してもexeの実行ファイルが見つかりませんし(exeの実行ファイルというのはwindowsだけだそうです)、
悩みましたが先輩に聞いたら、Solaris 10のインストールを行ったように、okプロンプトを出して「ok boot cdrom」でCDを読みに行くことが分かりました。
(さらに…)

今週はブログをお休みさせていただきます。(drobo のニュース)

2012年8月9日 木曜日

週一でブログを書いておりますが、今週はブログをお休みさせいただきます。

なにか簡単に書くことがあればと思い、drobo (ドロボ) を紹介させていただこうと思います。
2012年 8月 7日に PCの総合情報サイト「PC Watch」に弊社取り扱いの、droboが紹介されました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120807_551784.html

droboの長所はRAIDを組む時に異なる容量のディスクを使用可能といったところです。
バックアップなどを考えられている方はぜひこの機会にぜひお考えいただければと思います。

 
drobo日本総代理店 KSG国際産業技術株式会社
http://www.drobo-jp.com/
 

【新人 M のUNIX 奮闘記】 第3回「Sun VTS でハードウェアの検査に挑戦」

2012年8月3日 金曜日

第3回目は「Sun VTS でハードウェアの検査に挑戦」 です。 Sun Validation Test Suite (SunVTS) はサンのハードウェアに問題がないかどうかを検査するツールです。
Solaris 10 を標準インストールすると SunVTS 7.0 が入っています。


KSG 本社 1 階、Unix Com World リアル店舗の待ち合わせスペースです。
(本来はキッティングルームを使って作業を行うべきなのですが、今回はまだ準備ができていないため、待ち合わせスペースを利用しました。)
(さらに…)