【キャンペーン終了】 SPARC M10 採用!月額 59,800 円の定額クラウドサーバ登場!

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 27 秒

(2016/3/1) 本キャンペーンは終了しました。

抜群の信頼性を誇るエンタープライズサーバ ” SPARC M10″ を活用した SPARC Cloud サービスに、初期費用 0 円/月額 59,800 円の「SPARC Cloud スターターパック」が登場!

1: CPU 2スレッド占有!

多くのクラウドサービスでは、CPU は複数の利用者で共有されます。しかし SPARC Cloud スターターパックでは、CPU を占有可能!ハイパワーもアプリケーションにも余裕で対応できます。
SPARC Cloud スターターパックで提供される CPU コア数は、「仮想××コア」ではありません。クラウドサービスでは、従量制の課金か一般的です。月 5 万円くらい…と思いきや、アクセスの集中により金額が大幅に変動する事もあります。

2: ご利用料金は安心の月額定額!

SPARC Cloud スターターパックなら、安心の定額制。利用料金が決まっているので予算を立てやすく、「これ以上の金額の支払いは必要ない」安心感があります。

3: メモリ8GB、高速エンタープライズSSDをパッケージング!

メモリ 8GB、エンタープライズ向けの高速 SSD をパッケージング!コンシューマ向け製品よりも高い処理性能と信頼性を誇るエンタープライズ向け SSD で、ストレスフリーな処理速度をご提供。

4: VPS は Oracle VM fot SPARC による LDOM!!

LDOM 上にはお客様 Solaris Zone を無制限に作成可能!既存システムのクラウド統合に最適です。

5: レガシーコンテナ対応。Solaris 8,9 も利用可能!

Solaris 10 の LDOM をご利用いただく事で、Solaris 8 / 9 のレガシーコンテナを利用可能!旧アプリケーションをそのままクラウドへ移行できます。
※別途ライセンスをお求めいただく必要があります。
※ Solrais 8 / 9 で動作している全てのソフトウェアが、Solaris 10 上の Solaris 8 / 9 レガシーコンテナ上で動作するとは限りません。

6: ソフトウェアにあわせた有人監視サービス!

月額 20,000 円からのマネージドオプションで、ユーザの環境に合わせた監視項目の設定、万が一のインシデント発生時も熟練の Solaris エンジニアが復旧をサポートします。
再発防止策の提案までご提供するマネージドサービスは、費用対効果の高いサービスとして高い評価を頂いています。

7: 豊富なオプション!

豊富なオプションで、幅広いシステムに対応可能!
・CPU コア数増加
・メモリ容量増加
・追加ストレージ (VNAS)
HDD + SSD Cache 100GB
SSD 50GB
・レガシーコンテナ機能用ライセンス
※価格はお問い合わせ下さい。

サービス概要
「Solaris SPARC クラウドサービス」概要

※記載の金額はすべて税別表記です。
・初期費用:140,000円~
・月額費用:56,000円~
・基本仕様:
・CPU:1コア(2スレッドまたは8スレッド)専有
・メモリ:2GB
・ディスク:30GB(HDD + SSD Cache)
※SSDへの変更も別途オプションにより可能です。
・グローバルIPアドレス1個
※プライベートIPアドレスのみ必要な場合は別途VPN等のご用意が可能です。

「SPARC スターターパック」概要

※記載の金額はすべて税別表記です。
・初期費用:0円
・月額費用:59,800円
・基本仕様:
・CPU:1コア(2スレッド)専有
・メモリ:8GB
・ディスク:30GB(エンタープライズSSD)
・グローバルIPアドレス1個
※プライベートIPアドレスのみ必要な場合は別途VPN等のご用意が可能です。

「テラ盛りクラウド」概要

※記載の金額はすべて税別表記です。
・初期費用:1,980,000円
・月額費用:1,980,000円
・基本仕様:
・CPU:1コア(2スレッド)専有
・メモリ:1TB(1,000GB)
・ディスク:30GB(エンタープライズSSD)
・グローバルIPアドレス1個
※プライベートIPアドレスのみ必要な場合は別途VPN等のご用意が可能です。

SPARC Cloud スターターパックに関するお問い合わせはこちらまで。

2016年2月29日までの期間限定キャンペーンとなります。お問い合わせはお早めに。


コメントは受け付けていません。