本当に 10 年使えるサーバ、富士通 SPARC シリーズ

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 26 秒

 サーバはパソコンと違い、1 年や 2 年で買い換えるということがあまりありません。特に UNIX サーバはその傾向が強く、5 年 10 年と一つの機種をご利用いただいているお客様も多くいらっしゃいます。

 サーバを安心してご利用いただく為には、保守にご加入いただくのが一番です。
ですが通常のサーバでは数年でメーカー保守が打ち切られ、ご利用いただけなくなってしまいます。

最長 10 年の保証が受けられる、長期サポート対応モデル

 富士通 SPARC シリーズには 長期サポート対応モデル があり、最長 10 年にわかる長期の保守を受けることができます。

m10_10y_support

Solaris のバイナリ互換性

 Solaris は長期にわたりバージョン間のバイナリ互換性が保証されているため、古いアプリケーションを再コンパイルすることなく、そのまま利用することができます。
(※最新の OS で廃止されたコマンド等を使用している場合は動作させる事ができません)

資産が長期活用できるため、移行コストがかからない

 サーバの本体価格や保守料金以上にコストがかかるのが、移行コストです。サーバの上で動作する業務アプリケーションを作成するためには、高額なコストがかかります。そのため、できれば一度作成した業務アプリケーションは長く使いたい物です。

 そのためには長く使えるハードウェアと OS を選ぶ必要があります。UNIX は IA サーバと比較すると高価ですが、ハードウェアの故障率の低さや長期間のサポートなど、末永くご利用いただく事ができる特性を持っています。そのため、一度 SPARC 向けに作成した業務アプリケーションも、末永くご利用いただく事ができます。

 ハードウェアとソフトウェア両面の高い信頼性と長期間のサポート。それにより作成した業務アプリケーションも末永くご利用いただく事ができるのが、SPARC M10 シリーズです。

事前の検証・確認に、レンタルサービスを

 SPARC M10 は末永くご利用いただけますが、長期間ご利用いただくサーバを導入する前には、やはり動作検証を行いたいものです。当店では SPARC M10 のレンタルも受け付けておりますので、正式導入前の動作検証用等に、ぜひご利用ください。

・CPU の変更 (コア数を 4, 8, 16 コアに変更)
・メモリ容量変更 (64GB, 128GB, 256GB など)
・ディスクの変更 (台数の追加、SSD への変更、外部ストレージとの連携)

等も承っておりますので、案件に合わせた柔軟な対応が可能です。ぜひご相談ください。

20131031_M10


コメントは受け付けていません。