データラム製メモリを使用した場合でも、保守を受けることができるようになりました!

この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 30 秒


UNIX サーバと保守は、切っても切り離せない関係にあります。
メーカー純正メモリは高価なので、「サードパーティ製メモリを使いたい」というお客様もいらっしゃるかと思います。
しかし、サードパーティ製メモリを使用した場合、保守を受けることができません。

「保守は必須。でも、サードパーティ製品を活用して安価にサーバを調達したい」というお客様のニーズに応えることができませんでした。

データラム製のメモリでも、保守にご加入いただけるようになりました!


このたび、データラム製メモリを使用した場合でも、保守にご加入いただけるようになりました!

これにより、「安価で信頼性の高いメモリを使いたい」「でも、保守に加入したい」というお客様のニーズを満たすことができます。

注意点

・本体と同時にご注文いただいたデータラム製のメモリに関して、保守が有効になります。
 後から増設を行った場合は、保守の対象外となります。

詳しくは当店スタッフまでお問い合わせください。

価格の一例

データラム製メモリで構成した場合、どの程度お求めやすくなるのか、一例をご紹介します。

FUJITSU SPARC M10 の場合
構成 価格(税込)
FUJITSU SPARC M10 純正 512GB モデル
・SPARC M10 本体
・128GB メモリモジュール (SPMS2CA1F) – 4 式
・600GB SAS ディスクドライブ – 2 式
・CPU コア・アクティベーション – 1 式
・電源ケーブル – 2 式
・Solaris 11.1 メディアパック – 1 式
定価 : 9,489,060 円
    ↓
当店販売価格 : 7,773,150 円
FUJITSU SPARC M10 データラム 512GB モデル
・SPARC M10 本体
・128GB メモリモジュール (DRFM10/128GB) – 4 式
・600GB SAS ディスクドライブ – 2 式
・CPU コア・アクティベーション – 1 式
・電源ケーブル – 2 式
・Solaris 11.1 メディアパック – 1 式
当店販売価格 : 4,308,150 円
(※2013 年 9 月までのキャンペーン価格)

※上記価格は、2013 年 6 月現在の価格となります。
※保守ご加入の場合、別途保守料金が必要となります。

7,773,150 円 → 4,308,150 円 (45% OFF)!!
まだ発売したばかりの最新機種にも関わらず、驚きの低価格を実現できます!

FUJITSU SPARC T4-1 の場合
構成 価格(税込)
FUJITSU SPARC T4-1 純正 512GB モデル
・SPARC T4-1 本体 (SE7AAB12EG)
・64GB メモリモジュール (SEAX2D11G) – 8 式
・Solaris 11.1 メディアパック – 1 式
定価 : 9,977,310 円
    ↓
当店販売価格 : 8,173,200 円
FUJITSU SPARC T4-1 データラム 512GB モデル
・SPARC T4-1 本体 (SE7AAB12EG)
・32GB メモリモジュール (DRST41/32GB) – 16 式
・Solaris 11.1 メディアパック – 1 式
当店販売価格 : 4,729,200 円
(※2013 年 9 月までのキャンペーン価格)

※上記価格は、2013 年 6 月現在の価格となります。
※保守ご加入の場合、別途保守料金が必要となります。

8,173,200 円 → 4,729,200 円(42% OFF)!!
データラム製メモリを使用することで、品質を維持しつつ、低価格を実現しました!

こちらに掲載した機種は一例です。

その他の機種でも、データラム製の高品質メモリを使用することで
・品質は重要
・保守は必須
・でも低価格で
という条件をすべて満たすサーバを、お客様にお届けすることができます。

UNIX サーバのことなら、富士通パートナー/データラム国内正規代理店の弊社までお問い合わせください。


コメントは受け付けていません。