2013年10月 のアーカイブ

UNIX で仮想化! Oracle VM Server for SPARC のメリットとは?

2013年10月31日 木曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 3 分 43 秒

 仮想化技術もすっかり一般化し、幅広い用途で利用されるようになりました。x86 サーバ向けの仮想環境では VMware vSphere Hypervisor 等が有名ですが、UNIX での仮想環境はどのようなソフトウェアが存在するのか、どういうメリットがあるのか、あまり知られていないのが現状です。

 そこで今回は Oracle VM Server for SPARC を例に、UNIX での仮想環境運用について、「x86 サーバとはどう違うのか」「どういうメリットがあるのか」について説明します。

(さらに…)

FUJITSU SPARC M10 速さの秘密 その 2 : ビッグデータを高速に処理する脅威のメモリ帯域

2013年10月9日 水曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 2 分 32 秒

 ビッグデータの必要性が叫ばれるようになっています。ビッグデータはその名の通り巨大なデータの集まりで、データ処理のためにはこれまでのサーバとは別次元の処理性能を要求されます。

重要なのはメモリ

 ビッグデータの処理で重要になってくるのは、データの処理速度。CPU のコア数よりも、メモリの速度が重要視されます。豊富なメモリ帯域を持っていれば、大量のデータを高速に処理することができます。

 ここに、SPARC M10 の優位性があります。

メモリ帯域と周波数の比較

 一般的に、大容量のメモリを搭載した場合、メモリの動作周波数は低下します。プロセッサが処理可能なメモリには限界があるからです。
 富士通 SPARC M10 は、超大容量メモリを搭載しても動作速度が低下しにくい特徴を持っています。
(さらに…)