‘ストレージ’ カテゴリーのアーカイブ

Seagate より 8TB HDD “Archive HDD” 発売開始!

2015年3月23日 月曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 0 分 59 秒

Seagate より、8TB の新製品 “Archive HDD” が発売開始されました。

この HDD はアーカイブ (保管) 用途としての活用を前提とした HDD となっています。
従来の 3.5 インチ HDD は垂直磁気記録方式にて 1 枚の円盤 (プラッタ) で 1TB が限界とされておりましたが、今回の新製品では “Shingled Magnetic Recording”、日本語で「瓦記録」と呼ばれる新しい記録方式を採用することで、1 プラッタあたり 1.33TB の実現に成功しています。

この記録方式の従来との違いは、プラッタに円周上に配置されるトラックが重なるように記録することで、記録密度を高める技術のところです。Shingle は、屋根瓦を想像してもらえると分かりやすいかと思います。
屋根瓦は隣の瓦と重ねて敷き詰めますが、SMR の記録方法はそれと同じイメージです。この技術のメリットは、ヘリウムなどの特殊な技術を使わなくとも 25% ほど記録密度を向上することが可能なことで、より安価に従来にない大容量の HDD を製造できることです。

ただしデメリットもありまして、ポイントになるのは書き込み、特にランダムな書き込みに注意が必要です。まず、シーケンシャルでデータを書き込んでいく場合は特に問題は発生しません。
しかし、ランダム書き込みでは一部のデータだけ書き直そうとした場合でも、SMR ではそれ移行のデータを全て書き直さなければなりませんし、データを重ね書きしてしまうので、あらかじめ消えてしまうデータを読みだした上で、書き直す必要もあります。

これらの注意点に対し、この製品ではメディアキャッシュというテクノロジーでユーザの体感では影響が出ないよう最大限の配慮を行いながら製品開発されています。

Open Solaris を搭載した ZFS ストレージ、EonNAS 登場!

2013年9月20日 金曜日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 3 分 18 秒

国内ではあまり知名度の高くない EonNAS シリーズですが、他にはない特徴を持つ、とても優秀なストレージです。
今回はその EonNAS と、Infortrend についてご紹介します。

Infortrend について

infortrend_logo

Infortrend(インフォトレンド)は 20 年の歴史を誇るストレージ専業メーカーです。
社員の 7 割以上がエンジニアという非常に技術寄りのメーカーで、技術畑の社長が、よく社員と現場で技術についてのディスカッションを行っているようです。

EonNAS とは?

eonnaspro_box

Open Solaris を搭載し、エントリークラスの NAS にも関わらず ZFS ファイルシステムが利用できる、大変コストパフォーマンスの高いストレージです。
弊社では、過去の弊社出荷実績から、弊社出荷ベースで故障率が低いベンダーのディスクを搭載した構成をご提案させていただいております。

本製品は推奨ハードディスク以外での動作は保証していません。そのため、弊社にてあらかじめ推奨ハードディスクを搭載し、販売させて頂いております
(さらに…)